小陰唇縮小手術は小陰唇肥大を根本的に治療する方法です。痛みや黒ずみなどの症状だけでなく、自分の好みの形に整えることもできるので、見た目を重視する人にもおすすめです。
しかし、女性の体の最もデリケートな部分を手術するのはやはり多少の抵抗がありますよね。そこで、不安を少しでも解消するために、小陰唇縮小手術はどのように行うのか、注意点などについてまとめました。

小陰唇縮小手術はどんな人に向いている?

小陰唇肥大は遺伝や加齢、出産などの原因によって起こります。脚を閉じた状態で大陰唇から大きくはみ出していたり、膣口からの長さが4センチ以上ある人は、小陰唇が大きいと言えるでしょう。そして、一度伸びてしまった小陰唇は自然に元に戻ることはありません。また、セルフケアでもほとんど効果は期待できないでしょう。

小陰唇縮小手術は、小陰唇の一部を切除・縫合して小さくしたり、形を整える外科手術です。また、左右の大きさを整えることも可能です。小陰唇縮小手術が適しているのは、

  • 小陰唇が下着やボトムに擦れて痛む
  • 常に脚の間に違和感がある
  • 小陰唇が黒ずんでいる
  • 小陰唇の大きさが左右で違う
  • 和式のトイレを使う時尿が飛び散りやすい

といった症状のある人です。

また、レーザーや高周波などの治療機器のように、何度も施術を受けたくない、多少費用が高額でも、効果が半永久的な方がいいという人にもおすすめです。

小陰唇縮小手術の流れ

カウンセリング

小陰唇縮小手術は女性器形成クリニックや美容外科などの専門医で受けることができます。しかし、「手術してください」と希望しても、初診当日には受けられないので、まずはカウンセリングを申し込みましょう。自分の小陰唇の状態や、どのようにしたいか、治療法の詳細などを医師としっかり話し合ってください。

手術日決定

カウンセリングの結果、納得して小陰唇縮小手術を受けるとなったら、次は手術日を決めましょう。小陰唇縮小手術は基本的に入院の必要はありませんが、多少の痛みがあるので、仕事をしている人は手術翌日は休みを入れた方がよいかもしれません。

手術当日

手術の前には、担当医とデザインの最終確認をします。ここで認識の相違があると、仕上がりに不満が残ることもあります。また、小陰唇は一度切除してしまうと元に戻せないので、妥協しないようにしましょう。デザインが決まったら切除部位にマーキングをします。
通常は局所麻酔を使用するので、手術中も意識ははっきりしています。クリニックによっては、手術中に鏡で確認させてくれるところもあります。しかし、緊張する、リラックスして手術を受けたいという人は、笑気麻酔や静脈麻酔の追加をカウンセリングの段階でお願いしておきましょう。

手術

麻酔が効いてきたらメスやレーザーでマーキング通りに切除していきます。切除にはレーザーやメスを使用します。レーザーは費用が割高になりますが、傷口を焼きながら切除するので出血が少なく、回復が早いというメリットがあります。一方、高周波メスも止血しながら切除が可能で、細かく縫合するため術後の傷口がレーザーよりキレイに仕上がるとされています。どちらを使用するかはクリニックによるので、事前に確認しておきましょう。

縫合

傷口は柔らかく細い糸で縫合していきます。小陰唇の内部と表面を細かく縫うので、切除より時間がかかることがあります。実際、小陰唇縮小手術では縫合が仕上がりを左右するため、最も時間をかけるという医師が多いようです。針と糸を使って縫合するのか、医療用ボンド使用かも確認しておいてください。
溶ける糸を使うため、抜糸の必要はほとんどありません。抜糸する場合は2週間後が目安になります。

術後

手術後は30分ほど別室で休み、問題なければそのまま帰宅できます。より早い回復のために、

  • 手術後は激しい運動や飲酒を避ける
  • ナプキンとガードルでしっかり圧迫する
  • シャワーは手術当日から可。ただし傷口を擦ったりしないように注意
  • 浴槽につかること、温泉やプールは医師の許可が出てから
  • 性交も同様に、医師の許可が出るまでは控える

など、医師の指示は必ず守るようにしましょう。

小陰唇縮小手術で女性器の悩みを改善しよう

小陰唇縮小手術は小陰唇肥大だけでなく、女性器全般の悩みを改善できる方法です。気になる人はもちろん、「もしかしたら小陰唇肥大かも?」と心配な人も、まずはカウンセリングを受けてみてください。